カレンダー
2014年4月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
カテゴリー
アーカイブ

あなたも危ない

基本的に更年期障害は、40~50代の女性がなりやすいと言われていますが、医療の研究の結果ではそれ以外の人もなる恐れがあります。

20~30代で症状が表れることを、若年性更年期障害と言います。
若い人でもホルモンバランスが乱れることはあります。無理なダイエットのため食生活がめちゃくちゃになったり、ストレスを感じやすい体質であれば、非常に危険です。
若年性の場合は、通常の症状とは少し違い、生理不順が必ずと言っていいほど起こります。
毎月同じくらいのペースで来るはずが、大きく予定がズレたり、終わりそうな兆しがなかったりすると、若年性更年期障害かもしれません。

日頃の生活も、振り返ってみましょう。
無理なダイエットをしていませんか?ストレス発散をしていますか?
決して若いからといって油断しないでくださいね。

医療のシーンで注目されているのが、男性の更年期障害です。
まさかと思うかもしれませんが、男性ホルモンだってバランスが乱れることもあるのです。

女性と違って生理はありませんので、どういった症状で気付くのかと言いますと、それは疲労です。
いつもと変わらない生活をしているのに、なぜか疲れやすくなったり、体がだるく感じるときは更年期障害を患っているかもしれません。
疲れが溜まっているのに眠れにくいことも症状の一つです。
ほかにも性欲の減少を訴える人もいるので、自分に心当たりがないか考えてみてください。

症状が軽度の場合は、日常生活を改善することで完治することもありますので、まずは一度病院に行きましょう。